実家から賃貸アパートへの一人暮らしを始めた時の事。引越しの荷造りは出来るだけ少なく済ませました。

実家から賃貸アパートへの引越、荷造りは簡単に済ませました。

実家から賃貸アパートへの引越、荷造りは簡単に済ませました。

実家から賃貸アパートへの引越、荷造りは簡単に済ませました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

私が初めて実家を出て、一人暮らしを始める事になりました。引越しは初めての経験。長年暮らしてきた家、小さい頃からの荷物が沢山ありましたが、私のアパートはワンルームなので、全てを持って行くには荷物が多すぎると思いました。母のアドバイスで、とにかく生活に必要な物だけを運びだすことにしました。1人の引越なので、特に引越し業者には依頼しませんでした。冷蔵庫は、アパートに完備されていましたので、大きな物と言ったら、ベッド、テーブル、テレビ、テレビ台、組み立て式のタンスくらいでした。

賃貸アパートの大家さんには、予め連絡をして、引越しの日取りを決めておきました。土曜日にアパートのカギをもらい、新居の掃除を済ませ、翌日の日曜日に荷物を運び入れる事になりました。また電気や水道、ガス会社へも予め引越しの日を連絡、すぐに利用する事ができました。荷造り用の段ボールは数週間前にスーパーやコンビニで不要となった段ボールを無料で譲ってもらい、洋服や小物類、本などから荷造りを始めておきました。食器類は最小限にして、広告で壊れないようにくるんで小さめの段ボールに入れておきました。引越しは、兄弟と友人が手伝ってくれ数時間で終了。

関連記事